日記/2013-10-04 のバックアップ差分(No.1)

お名前:

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
**AI:Glenelg 0.53でのスキル使用ルーチン。 [#za3478b2]

ホムS対応を見越して、技術メモ的な。~
Glenelgが現状、どのようなステップでスキル使用判定しているかの概要。~
Glenelgのソース skills.lua を読めばわかることでもあるんですが。

趣旨としては、この分析を元に、ホムSの『多彩なスキルバリエーション』にどう対応するかを眺める、ということを狙っています。

#region(→続きを読む。)

Glenelgでは、ホムの状態に応じたタイミングでスキル使用判定を行っています。~
具体的には、以下の4つのパターンです。

+戦闘開始
--『戦闘開始』とは、ある敵を攻撃対象に決めたタイミング。
--普通相手との間に距離があるため、使用するスキルは~
『バニルの場合、射撃』『それ以外では、強化』です。
+戦闘中
-ある敵に隣接して白兵戦を実施しているような状況。
--基本的に『戦闘開始』と同じですが、フィーリルには
『強化』or『白兵スキル』の選択肢があるので、それを加味しています。
+休息中
--ホムが積極的な動作をしていないタイミング。~
非戦闘中かつ足を止めている状態。
--このタイミングでは『バニルの回復スキル』だけが対象です。
+非戦闘中常時
--文字通り、非戦闘中のあらゆるタイミングでの処理。
--バニル以外の各ホムでの強化スキルが対象。

上記の4つのタイミングについては、おそらくSホム対応でも変える必要はないはず。~
ただ、上記のように『ホム種類』で判断している部分が多々あるので。~
ホムの種類で使用できるスキルを特定しきれないSホムでは、
別途指定する方法が必要になると思われる。

その場合想定できる課題は、以下くらい、かなぁ。

-複数のスキルがある場合の優先度指定方法。
--現状の『フィーリル強化スキル』のように、割り切ってしまう選択肢はあるにはある。
--火力スキルについては、できればきちんと実装したい。
---例えば『バニル+セラ』では、魔法攻撃と物理攻撃のスキルがあることになる。~
これは相手のDEFに応じて使い分けたいはず。
---そもそもセラには複数の攻撃スキルがある。~
すべてをAIから使うかというかは別にして。



----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion