日記/2007-10-27 のバックアップ(No.1)

お名前:

ここ半年以上、あんまり変更がなかったホムンクルス周りですが、 今回のペインズパッチで微妙に変化が起きているようです。
以前にあった攻撃速度問題に比べると直接的影響度は小さいですが・・・ 以下、自体験および外部情報のメモ。

  • ホムへの敵索敵アルゴが変わったっぽい。
    以前は、敵はホムをかなり遠く==縦横方向は画面外からでも発見していた。
    これがペインズパッチから変わったらしい:どうやら普通の人間と同レベルの索敵ルールになった様子。
    その結果、以下のような現象が起きている。
    1. 以前あった、「敵がなぜか立ち止まっている」という現象がなくなった。
      これ、以前から、「敵が画面外にいるホムをタゲる→画面外なのでそれに向かって移動できないから立ち止まる」という理由ではないか、といわれていたもの。
    2. 「ホムがタゲられやすい」という現象も、弱くなった。
      以前は索敵距離起因で「ホムのほうが敵に見つかりやすい→タゲられやすい」という状況だったが、今は他のPC並に。
      もちろん、これも以前からの敵アルゴと思われるID順の影響はあるため、よりIDの若いホムがタゲられやすいのは変わらない。
      例えばテレポアウト直後のような「ホムが足元にいる」状況では、絶対にボスよりもホムが先にタゲられる。

上記の2つめの現象が、ホム挙動への考慮要素になる。
要は以前よりもボスケミが殴られやすくなったので、より的確な救出挙動があるべき、ということ。