日記/2007-02-21 のバックアップ(No.1)

お名前:

しつこく初期読み込みまわりの話。
いろいろ状況整理をした結果のメモ。

初回の人のメモから、再考察。

RO内でのメモリ管理が変わったとみるのが妥当そうに思えてきた。

どういうことかというと・・・先日の初回限定の人の追加情報
初回の人自身がコメントしている以下の内容:

コンパイル後25kb〜45kbあたりにこれ以上削っても早くならないラインがありそう。

これが非常に鋭い気がする。

つまり、AI用に初期状態で準備されているメモリ量が、30KB程度。
これ以上のサイズのものを読み込みしようとすると、内部的にメモリーを再確保するのでその時間が負荷。
・・・なんてことは、非常にありそうな気がする。
もちろん、あくまで推論の域はでませんが。

AIスレでのAI比較記録から、再考察。

なにかと悪者にされるfile io 系(iniファイル)だが、ことこの測定条件でのGlenelgについては、 io はあまり影響がないように思う。

というのは、この検証が「ダウンロード直後」のAIを使っていることに起因。
こちらの動作環境でのテストでは、Glenelgでのiniファイルのうち最大の負荷となっているのは 敵ごとの学習ファイルであり、そしてそれは初期状態では存在していない。
そして更にいうと、着地・テレポのような高速処理をしている限り、おそらくGlenelgは簡易モードでしか 動いていない:つまりrequireをつぎつぎやっている最中のはず。

敵情報ファイルのlua 化。

io が遅いのは事実なので、Glenelg でも学習ファイルをlua化してみた。
結果は、確かに多少軽くなった。
が、やはり目に見える負荷は存在する:手動操作でlua読み込みするような指定を作って試してみたところ、 一瞬の表示遅延がある。
参考までに学習ファイルは15KB。