日記/2006-11-15 のバックアップの現在との差分(No.1)

お名前:

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
めいっぱい夢物語だけどさ。~
一度使用すると「数時間、自分の倒した敵のドロップ品のルート権が、他プレイヤーに一切移らない」ようなものなら、有料アイテムでも友瀬は買っちゃうかも。~
正確にいうと、「倒すのに一切寄与していない人には、何分たとうがルート権は移らない」がいいか。

つーか、それを拾っていくな、テレポアコ。

つーか、明らかにおかしいのはさっさとつぶしてください、神様。

----
アニバーサリーパック限定アイテムだとか、特殊効果を持つアイテムだとか、お金儲けがいろいろと考えられているようですが。

友瀬は、これ自体にはそれほど批判的ではありません。~
別にROに限らず、商売を仕掛けている側は「売れそうな商品を提供する」ことが至上手段です。~
それを利用する側だって「楽しく遊べるなら」「妥協できる範囲で」お金を出すことは否定しないはずです。~
友瀬にしても、自分で妥協できる範囲として「2アカ課金維持」してますし。~
友瀬にしても、自分で妥協できる範囲として「2アカ課金維持」「3アカ目までは常時払う気はない」とバランスをとってますし。~
今回の件についても、後述しますが、内容によっては多少はお金をだしそうですし。~
まあ、ここは「魅力ある商品を作ったガンホーに拍手」としておきましょう。~
真面目な話、もっといろいろやって欲しいことはありますが。


個々のモノについてもコメント。

今回の「特殊効果」モノについて言えば・・・『支援スキルスクロール』や『ステータスアップ』といったブースト系は正直
「なに考えてるのかね。」という感じ。~
これらが、いくら有料とはいえ、もともとそれを使える職業(ありていに言ってプリ)の特質を食いつぶしているということに気づいていないのでしょうか。~
特に支援スキルスクロールは言い換えると、「元からスキルを持っているプリには得にならないけど我慢してね」ということで。~
まあ、有料なので現実的には「常時ブースト」はできないでしょうから
強くいうのもアレですが、本質的には問題あり、ということで。

『死亡時のその場復活』も似たようなもの。他の人に起こしてもらうというシーンは、想定していないのかな。~
上記も含めて、パーティプレイ・辻交流の機会を減らしてソロプレイ推奨としたいんでしょうかね。

『経験値増加』や『デスペナ回避』については、自分で使うかどうかはともかく、あんまり文句はありません。~
損するのは経営者であるガンホーだけですから、好きにすれば、って感じ。
設定額にもよりますが、往々にして「飽きられる時間が早くなってやめてしまう人が増える」結果損するのは経営者であるガンホーだけですから、好きにすれば、って感じ。~
MMOはたぶん、細く長くがおいしい商売ですよ。

まあ経験値ブーストについては「ブースト中は必死狩りになるだろうから、ギルド内でも接続タイミングによってはパーティを組めない」なんて危惧もあるようですが、そんなのはその個人の問題だと思ってます。~
いくらになるか判らないですが、ある意味「常時使用」が期待されるようなものにお金を払えるのはいわゆる廃人ですし。
いくらになるか判らないですが、ある意味「常時使用」が期待されるようなものにお金を払えるのはいわゆる廃人ですし。~
少なくとも友瀬には、無理です。

逆にデスペナ回避については「1コ買って、使えば1回デスペナ回避できる」って言う感じなら、友瀬も値段によっては考えちゃうかな。~
ラグやオブジェクト消失、激沸きなどの事故でころっと死んで、2時間くらいが無駄になっちゃう98セージを持つ身としては。~
ラグやオブジェクト消失などの「こちらでは手の打ちようがない」事故でころっと死んで、2時間くらいが無駄になっちゃう98セージを持つ身としては。~
「ブーストで時間短縮しよう」とは思いませんが「理不尽に失われた時間を取り返したい」くらいは思いますし。~
でも「n時間の間デスペナなし」とかなら無視の方向で。そんな「起きるかどうかも判らない、自分のミスによる死にも防御策ができちゃう」ものにお金を払うのはちょっと。

アニバパックの「お金を出さないと手にも入らないアイテム」ってのは、苦しいところ。~
友瀬的には、うさみみの出来次第なんですが。~
なんていうんですかね・・・現品販売でもないのに、クーリングオフが効かないんですよね。~
試着できるわけでなし、興味があったら買うしかなくて、買って気に入らなかったらと言って・・・ってね。~
また、あきらかに興味のないもの(装備品ならサテライト、またアニバパック内の壁紙類)なんかとの「抱き合わせ」商品ってのも、こちらとしては苦しい感じ。~
あくまで電子媒体の世界だから許されてますが、現実世界でこんな商売したら後ろに手がまわりそうです(笑)

まあだらだらとこんな感じですが。