日記/2007-11-26

2007-11-26 (月) 10:26:24
お名前:

言葉足らずはお互いさまで。

昨日の「これも正義。それも正義。」ですが。

彼の立場のうまいたとえがでてこないのも誤解を生んでいる点だとは思いますが・・・彼の思想そのものは、友瀬は理解はしているつもりです。
ただ、それが友瀬の正義にマッチしないから、
「理解はできるけれども賛同はできない」
としているだけです。
思想を切り離してしまうと、スキル使用の視点で、実際に生み出されているもののやっていることがおなじに見えるから
「思想を理解せずに道具を使われる」
ということを懸念しているだけです。
まさに技術そのものにはベクトルがない、という世界ですね。

ああ、この件については彼自身というよりは、横殴り全開で放置している側にいいたいところですが。
彼は横殴りについては否定をしているわけで、ことこの件については共通の見解は持てているのですし。


それでも例えたつもりだった。

ちなみに友瀬的には、自殺幇助サイトは別に悪いことだと思っていませんよ。
自殺をしたいと思うこと・自殺することには、なんの許可もいりません。
そういう方法を探して助けてくれと言っている人がいるとき、それを助けることに何の遠慮がいりますか?
もともと殺人がタブーとされるのは、「死にたくない」「大切な人を失いたくない」という思いから生まれたもののはず。
本人が死にたい、しかもその周囲に彼を必要とする人がいないとなれば、これを問題視するほうがどうかと思います。 死にたいという意思を否定することは間違っていると思います。
安楽死問題にも通じますが。
もちろんそれでも、法上は、殺人は殺人。
相応の覚悟はいることですから、とても友瀬にはできません。
でもそれと、行為の正当性とは別に論じるべきです。

・・・ともあれ問題は、そういう手助け行為が問題になるほど「死にたい」と思う人が多い、社会のほうにあるんじゃないですかね。

・・・におわせただけだとまた誤解を生むかな。書いちゃおう。
・・・問題は、AIからのスキル使用についての手助け行為が問題になるほど、「無人運転をしたい」と思う人が多い、社会のほうにあるんじゃないですかね。
実際にどれだけそういう人がいるかはわからないですが、これもROの歴史の問題で、みんな過敏すぎるぐらいに嫌悪する相手になっているわけで。

これも繰り返しですが、無人でなければ誰も文句を言わんと思うのよ。
人間が使ってるかAIが使ってるかなんてのは、外部からはまずわからんのだから。
友瀬がAIからのスキル使用を認めていないのは「ホム用AIからケミスキルを使うのが間違っている」から自分では作らない、というものであって、それをよしとする人たちがどうこうすることを禁止したいわけじゃない。
ただ、そういう機能を求められるのがめんどくさいので、先に自分の意見を言っているだけです。


一覧表の件。

これも昨日の日記がらみ。
勘違いしてほしくないのは、これも昨日の日記の最後で一応書いてありますが、誰が誰になるのかはまったくわからないということです。

例えば、かの大戦がもしヒトラーがヨーロッパを制圧して終わったのならば。
その未来ではヒトラーは大英雄であり、アーリア人以外は下等市民として扱われるような世界になっていてもおかしくない。
例えば、某宗教が腐敗せずに力を持ち続けることがあったなら。
ガリレオの偉大な説は永遠に日の目をみることなかったのかもしれない。

われわれの世界では科学が進歩した結果、ガリレオは正しくヒトラーは間違っているとなっていますが、それだって更なる問題は生まれてくるわけで:それこそC2問題とかね。

某一覧表は、主催者もリストに載ったのもたまたま「旧AIスレ」住人関係者がが多かったから、そこでの正義が強かっただけ。
でも「本体スキルがAIから使えるのが正しい」「傭兵がきたら、ケミ以外だって使えるのが適切」という思想が標準になるかもしれない。
そうなったら、「異端」は友瀬の側になります。

正義というのは、多くの場合、それだけ相対的で絶対のものではないということです。


ともあれ。

とにかく究極的な問題は、
中身がいると想定されるべき状態で、中身がいない形で運用がなされることで。
その結果、中身がいないと行えないことが多々発生していることにあるわけで。

AIにできるのは、力仕事だけです。
仕事を適切に実施するには、頭脳となるモノがいるわけで。
人工知能とは言っているんですが、あの頭は飾りなのです。
あそこに座り込んでいる人たちには、それがわからんのです。

・・・ああいう風に座り込むのが常識の世界になってしまうのは、やだなぁ。
ゲームって自分で遊ぶもんだと思ったんだけどなぁ。
自分以外のものを働かせるのが楽しいのかなぁ。