日記/2007-10-27

2007-10-27 (土) 17:50:27
お名前:

ここ半年以上、あんまり変更がなかったホムンクルス周りですが、 今回のペインズパッチで微妙に変化が起きているようです。
以前にあった攻撃速度問題に比べると直接的影響度は小さいですが・・・ 以下、自体験および外部情報のメモ。

  • ホムへの敵索敵アルゴが変わったっぽい。
    以前は、敵はホムをかなり遠く==縦横方向は画面外からでも発見していた。
    これがペインズパッチから変わったらしい:どうやら普通の人間と同レベルの索敵ルールになった様子。
    その結果、以下のような現象が起きている。
    1. 以前あった、「敵がなぜか立ち止まっている」という現象がなくなった。
      これ、以前から、「敵が画面外にいるホムをタゲる→画面外なのでそれに向かって移動できないから立ち止まる」という理由ではないか、といわれていたもの。
    2. 「ホムがタゲられやすい」という現象も、弱くなった。
      以前は索敵距離起因で「ホムのほうが敵に見つかりやすい→タゲられやすい」という状況だったが、今は他のPC並に。

上記の2つめの現象が、ホム挙動への考慮要素になる。
要は以前よりもボスケミが殴られやすくなったので、より的確な救出挙動があるべき、ということ。


言葉だけだとわかりづらいので、絵的に。
ホム・ボスケミが以下のように並んでいて、そこに敵が遠くから近づいてくるケース。

   ホ  ケ    ←敵

以前は、敵の対ホム索敵距離が異常に長かったため、「敵がケミを見つけるより、敵がホムを見つけることが早い」ことが多かった。
もちろんホムとケミとの位置関係によるが、上記のような状況では敵からは、一見近くにいるケミよりもホムのほうが「早く見つかる」ことが多く、つまりそれだけホムがタゲられやすかった。

だが今回のパッチでは、ホムもケミも同じ距離で索敵。
そのため、現状、上記状況では「より近くにいるケミ」を狙いやすくなった。

この結果。
上記図でケミ&ホムが右方向に歩いていて敵が出現したという遭遇戦の場合。
以前はケミが足をとめてホムを突っ込ませれば、ケミはまず安全だった。多少反応が遅れても、そもそも敵はホムを狙っているため、ケミ側にくることは少なかった。
だが現在では、敵は「ケミをタゲっている」ため、ホムの前方移動が遅れれば即ケミが危険にさらされる。

もちろん、これも以前からの敵アルゴ:ID順と思われる優先度の影響はあるため、同時発見された場合にホムがタゲられやすいのは変わらない。
例えばテレポアウト直後のような「ホムが足元にいる」状況では、絶対にボスよりもホムが先にタゲられる。


上記を省みるに、以下のようなことは考えておくべきかもしれないね。

  1. 救出攻撃の推進。
    以前よりも積極的にタゲをとりにいくように。
    自分が戦闘中でも、ケミ敵のタゲをとるとか。
  2. 先行行軍動作。
    すでに一部AIでは実装されているようですが、ケミに「追従」するのではなく、ケミの前に積極的に立つような動作を行う。

先行行軍は、常時動かすには多少微妙なところがあったのでやってなかったんだけど、モード切替できるようにしておいたほうがいいかもしれん。
ちょっと考える。