日記/2006-11-23

2006-11-23 (木) 14:09:30
お名前:

AIも機能面ではあまり困らなくなってきているせいか、AIスレや他AI作者の方など、AI開発に興味を持っている人たちには「高速化」「軽量化」に視点が移っている方が多いようです。

正直にいうと、Glenelgではそのあたりについてはほとんど気を使っていません。
むしろときどき(自分や他の人の)日記やコメントで書かれているように、Glenelgでは「ソースや関数がしつこいくらいに分割」や「異常なほどのコメント記載」がなされており、結果巨大(つまりロード時間が長い)かつ内部的にメモリを食いやすい(つまり結果的にPC負荷は増える)ソースリストになっています。
また、構造的にも「軽量化のためだけ」にはこれといった処理はしていません。もちろん「1AIサイクル中にはMove/Skill/Attackはいずれか1つのみ」という最低限の気遣いやある程度の最適化はしていますが、それはある意味当たり前の話ですし。
総合的に見て、Glenelgはどちらかというと「重い」AIだと思います。

まあこれは、開発ポリシーの違いだと思ってください。
ソース分割とコメント量増大は、ロード時間を引き換えに後々のメンテ性を確保しているだけです。
通信系はこれも繰り返しになりますが、非同期通信系で確実な内部対応をするか、人間が意識できないレベルの遅延を是とするか、このあたりのバランスで、友瀬は通信系の最速を優先しているだけです。