日記/2006-08-12

2006-08-12 (土) 14:29:46
お名前:

イベント明け。

AI関連、少し大きめの修整をいれました。
大きいところは、詠唱反応動作ですね。

結構多くのAIで「詠唱妨害」という名目で似たような機能を積んでいると思います。
Glenelgでの(現時点では他のAIにない)特徴は、その妨害方法を「白兵戦」「カプリス」を併用できること。
つまり、接近戦射程にいればその場で白兵戦で妨害、遠くにいる&カプリスが使える状況ならカプリス・・・というように状況によって妨害方法を変えられます。
また敵によっては妨害のためにもカプリスは使いたくない、というケースもあるでしょうから、「白兵戦妨害のみ」も選択できます。

ちなみにGlenelgでは、「詠唱妨害」ではなくあえて「詠唱反応」という言葉にしました。
というのは・・・現時点では確かに「相手が詠唱を始めたら、それを攻撃することで詠唱妨害」という機能しかないです。
ですが、例えば

  • 詠唱妨害できない範囲攻撃をされそう→範囲外に移動
  • BDSを撃たれそう→BDSの「穴」に逃げ込む

・・・というような対処方法だってあるはずですよね。
なので「詠唱妨害」って言葉を使うのは違うな、と。

またついで?に、1体の敵には1発しか殴らないで欲しいという声に対応するいわゆる「共闘動作モード」を追加しました。
何度もいわれているように、ホムには正確に「攻撃1発がきちんとできたか否か」はわからないので、1秒弱の行動回数で切っています。

・・・具体的な要求動作詳細がわからないので、今回は上記の仕組みをただ入れ込んだだけです。
おそらく実用すると、以下のような要望はあるのかな、とは思っていますが、友瀬自身がまだ実感がないので未対応。

  • SGが使われた場合に、氷割りをして欲しい
    • この場合、「1度殴った相手でも再度割るために攻撃する必要がある」。 誰がSG詠唱しどうなっているということはわからないので、手動で「今までの履歴を忘れて初めから」という処理が欲しそう
  • 決壊したときは手加減中止。
    • 手動解除でもいいんだけど、単純に「視界内にいる友人の過半数が死亡したら解除」でもいいように思う。

とまあ、思うところを。